一級建築士試験
トップページへTOP FAQFAQ 会社案内会社案内 お問い合わせお問合せ サイトマップサイトマップ
商品案内・申込 合格理論 合格最前線ニュース Web講義 ブログ大賞 ソフトアップデート情報

合格物語について
「合格物語」について
合格物語の7つの特徴
超効率学習の世界を体験
ソフトの動画マニュアル
操作マニュアル(PDF)
体験版ダウンロード
合格者の声
推奨の使い方

メールマガジン
今年の試験における最新情報をメールで無料配信中!

今すぐメルマガ登録
論述コンテスト
一級建築士試験につてのブログを募集
入賞者には金一封
あなたもブログ大賞に参加して豪華商品をゲット!
詳しくはこちら

過去問題データーベースソフト「合格物語」とは?

学科試験合格への近道は,過去問題を完全にマスターすることです.過去問題をマスターするといってもただ丸暗記すればよいというものではありません.過去問題をマスターするためのコツというものが存在するのです.過去問題データーベースソフト「合格物語」は,過去問題をマスターするための様々なコツやノウハウを凝縮したカタチで開発されました.それでは,合格物語について説明させて頂きます.


収録されている過去問題

実際の本試験問題は,4肢択一形式(平成20年度までは5肢択一形式でした)で出題されますが,合格物語では,1選択肢ごとに1問1答化された状態で収録されています.収録されている過去問題は,平成9年〜昨年度までの過去問題です.これ以上の過去問題をマスターする必要はありません.ただし,確実に合格を果たすためにも最低この過去問題だけは,完全にマスターして下さい. 



ページの先頭に戻る


過去問題をマスターすることによる効果

合格物語では,毎年,その年の本試験問題の内容と照らし合わせ,合格物語をマスターすることで実際に,何点獲得できたのか?を検証し,一般公開しております.



PDFH28年度本試験問題出題傾向分析表(PDF)



ページの先頭に戻る


合格物語の上手な活用方法

合格物語では環境・設備,計画,法規,構造,施工という5教科をさらに,次のような7教科に区分しております.

1.環境・設備(環境)
  もくじは,コチラ

2.環境・設備(設備)
  もくじは,コチラ

3.計画
  もくじは,コチラ

4.法規
  もくじは,コチラ

5.構造力学(構造)
  もくじは,コチラ

6.構造文章題(構造)
  もくじは,コチラ

7.施工
  もくじは,コチラ

過去問題を選択肢ごとに一問一答化し,教科ごとの各項目ごとに分類してあります.それでは,実際に合格物語による学習方法を体験してみましょう.
今回は,1.環境・設備(環境)科目の目次番号01.「環境」の項目を体験することにします.

まずは,「基本問題」をマスターしましょう.

平成9年以降の過去問題のうち、直近の8年分を「直近問題」,それ以前の過去問題を「基本問題」と呼んでいます(「基本問題」では重複した内容の問題を極力削除し圧縮しています).尚,合格物語においては,1問毎に,全て5桁のコードを表示してあります.はじめの2桁が「年度」,次の2桁が「問題番号」,最後の1桁が「何番目の選択肢か?」を表しています.例:平成25年8問目3番目の選択枝→コード25083

もくじ番号01.「環境」の項目の基本問題は,コチラ

最初は,解説部分を流し読みするような形で構いません.理解が徐々に深めていけるよう問題の並べ方にも配慮してあるため,解説部分を順次読み進めていくことだけで,参考書としての役割も同時に果たします.尚,ここで注意してほしいのは,とりわけ初めて受験される方の場合,解説の中の細かい部分が気になってしまい、それにとらわれて注意力が散漫してしまう傾向が見受けられます.しかしながら,本試験日までにマスターしなければならない知識量は膨大なものとなるのです.まずは,合格物語に掲載されている解説内容のみをマスターして下さい.各教科ごとに一通り目を通した上で,自分が気になっている細かい疑問点を潰していくというスタンスで学習を進めて下さい.

合格物語の構成は,各教科,各科目ごとに上図のような構成となっております.平成9以降の過去問題のうち,直近の8年分を「直近問題」,それ以前の過去問題を「基本問題」と呼んでいます(「基本問題」では重複した内容の問題を極力削除し圧縮しています).

また, もくじ番号01.「環境」の項目の中には,過去問題とは別に,応用力を養って頂くための補足資料があります.(解説集と呼んでいます.尚,全ての項目に解説集が収録されているわけではありません.)

「合格物語」を更に活用してみよう!

これまで,説明してきたように,合格物語で学習を進めることで,出題傾向だけでなく,新問題攻略のテクニックや,出題者側の視点・考え方を身につけることが可能です. ただし,せっかく学習した内容であっても復習を繰り返さない限り,記憶から消えてしまいます. ことさら,学科試験の出題範囲は,極めて広く,過去問題の徹底把握を目指す上で,復習を繰り返すことで,記憶力や,理解度を持続できるかどうかが,皆さんの学習効率に大きく影響します. そこで,合格物語には,過去問題20年分に対応した音声データーを収録させました. 音声用テキスト(文字データー)を眺めながらまずは,「2.0倍速(推奨)」の音声データーを聴いてみて下さい. (音声データーには,1.3倍,2.0倍,2,8倍の3つの倍速に分けて用意されています.)

もくじ番号01.「環境」の項目の音声用テキストは,コチラ

まずは,テキストを読みながら2.0倍速(推奨)にチャレンジしてみましょう.
もくじ番号01.「環境」の項目の音声データー(2.0倍速)は,コチラ

もし早過ぎるという場合は,少しスピードを落としてみましょう.
もくじ番号01.「環境」の項目の音声データー(1.3倍速)は,コチラ

2.0倍速に慣れることができれば,2.8倍速で聴いてみます.
もくじ番号01.「環境」の項目の音声データー(2.8倍速)→コチラ

音声データーであれば,通勤時間はもちろん,仕事に疲れて,勉強する気がおきない時や,主婦の方であれば,家事をしている時等に,耳で聞きとるだけで復習することが可能です.なぜ,1.3倍,2.0倍,2.8倍と倍速を変えているのかというと,学習範囲が広いため,本試験直前に2.8倍速で一括チェックできるようになれれば学習時間を大幅に短縮することが可能となります.(慣れてくると2.0倍でも,遅く感じるようになります.)実際に,合格をつかみ取ってきた受験生達は,2.8倍速を聞き取れるレベルまで,反復学習を繰り返しているのです.逆に言えば,2.8倍速で学習チェックできるようになるということは,記憶に深く定着していることを意味しているわけです.

音声データーを有効活用することで,学習済みの内容をより効果的に維持管理することができるのです.

動作マニュアル  操作マニュアル(PDF)  

 このサイトについてプライバシーステートメント特商法に基づく表記免責事項
株式会社田島建築研究所