一級建築士試験
トップページへTOP FAQFAQ 会社案内会社案内 お問い合わせお問合せ サイトマップサイトマップ
合格物語
商品案内・申込 合格理論 合格最前線ニュース Web講義 ブログ大賞 ソフトアップデート情報

合格最前線ニュース

メールマガジン
今年の試験における最新情報をメールで無料配信中!

今すぐメルマガ登録

学科合格支援ソフト
合格物語
詳しくはこちら
合格最前線ニュース

<<一覧へ戻る
合格最前線ニュース

○【輝度って何?】
2016年12月30日
○【輝度って何?】
前回の続きです.
光源からの光が物体を照らし(=照射し),物体特有の反射率によって反射された光を人間の目が知覚することで,私たちは,物体を認識することができます.このとき,物体照射される光の量を照度といいます.また,物体照射された光が,物体によって反射した際の光の見た目の明るさ輝度(反射された際の光の物理量は光束発散度といいます(右図参照).同じ照度であっても,ピカピカの金属のように,物体の反射率が高まれば,反射光も増えるため輝度も大きくなります.
 
輝度は,物体の見た目を明るさを表します.尚,厳密に輝度を解説すると,ある方向から見た,光源面(発光面,反射面,透過面)の単位面積当りの明るさ(光度)が輝度となります.※光源面とは,光源そのもののことで,反射面だけでなく,光源自体も輝度で表すことができます.透過面(ガラスなどの光が透過している面)も同様に輝度で表せます.ちなみに,輝度の単位は,cd(カンデラ)/平米です. 
 
平成25年度には,次のような問題が出題されています.
 
【問題コード25071】正しいか,誤りかで答えよ.
均等拡散面(見る方向に関係なく輝度が一定の面)における輝度は,照度と反射率との積に比例する
 

つづく

<< 一覧へ

 このサイトについてプライバシーステートメント特商法に基づく表記免責事項
株式会社田島建築研究所