一級建築士試験
トップページへTOP FAQFAQ 会社案内会社案内 お問い合わせお問合せ サイトマップサイトマップ
合格物語
商品案内・申込 合格理論 合格最前線ニュース Web講義 ブログ大賞 ソフトアップデート情報

合格最前線ニュース

メールマガジン
今年の試験における最新情報をメールで無料配信中!

今すぐメルマガ登録

学科合格支援ソフト
合格物語
詳しくはこちら
合格最前線ニュース

<<一覧へ戻る
合格最前線ニュース

★【過去問題19212】平成19年度出題(電力単位VA)
2017年02月07日
平成19年度に出題された過去問(電力単位VA)です.
 
【問題】コード19212 正しいか,誤りかで答えよ.
力率は,交流回路に電力を供給する際の有効電力と皮相電力との比であり,電動機や放電灯の力率は,一般に,0.6〜0.8である.
 
【解説】
皮相電力(見かけ上の電力/単位VA(ボルトアンペア))は常に一定であるが,モーターを使用する電動機や放電灯の場合,位相がずれる(=力率が悪化する)ことによって,有効電力(実際に使用できる電力/単位(ワット))は減少し,位相のずれが少ない(=力率が良い)ほど有効電力は増える.電動機や放電灯の力率は,一般に,0.6〜0.8となる.
  
【解答】
 ○
 
先の知識が,そのまま問題文となっています.次に出題されたのが平成27年度です.こちらは,高度な出題方法と言えますので,「試験での言い回し」を学んでおきましょう.
  

<< 一覧へ

 このサイトについてプライバシーステートメント特商法に基づく表記免責事項
株式会社田島建築研究所