一級建築士試験
トップページへTOP FAQFAQ 会社案内会社案内 お問い合わせお問合せ サイトマップサイトマップ
合格物語
商品案内・申込 合格理論 合格最前線ニュース Web講義 ブログ大賞 ソフトアップデート情報

合格最前線ニュース

メールマガジン
今年の試験における最新情報をメールで無料配信中!

今すぐメルマガ登録

学科合格支援ソフト
合格物語
詳しくはこちら
合格最前線ニュース

<<一覧へ戻る
合格最前線ニュース

★【過去問題27163】平成27年度出題(電力単位VA)
2017年02月08日
平成27年度に出題された過去問(電力単位VA)です.
 
【問題】コード27163 正しいか,誤りかで答えよ.
力率は,交流回路に電力を供給する際の「電圧と電流との積」に対する「有効電力」の割合である.
 
【解説】
問題文中の「電圧と電流との積」は,皮相電力(見かけ上の電力)を示す.皮相電力は常に一定であるが,位相がずれる(=力率が悪化する)ことで有効電力(実際に使用できる電力)は減り,位相のずれが少ない(=力率が良い)ほど有効電力は増える.電動機や放電灯の力率は,一般に,0.6〜0.8である.(この問題は,コード「19212」の類似問題です.).
  
  
【解答】
 ○
 
問題文中には「皮相電力」という用語が含まれていませんが,問われている内容は,「皮相電力有効電力」の関係性です.肝心なのは,この問題文を読んだ時に「問題文のどこが間違えているか」ではなく,「出題者が何の事を聞いているのか」と,考えることができるかどうかという点です.この問題では,「電圧と電流との積」=「皮相電力」であることを理解できているかどうかが問われています.もし,この問題中の「電圧と電流との積」という部分が,「皮相電力」という言葉であったのであれば,多くの受験生が解けたでしょう.

普段から問題文を「○か×か」で解くのではなく,出題者とキャッチボールするような感覚で向き合うように意識しましょう.過去問を解きながら,「出題者が受験生に求めているモノは何か」を抑えながら合格物語を活用してください.

<< 一覧へ

 このサイトについてプライバシーステートメント特商法に基づく表記免責事項
株式会社田島建築研究所