一級建築士試験
トップページへTOP FAQFAQ 会社案内会社案内 お問い合わせお問合せ サイトマップサイトマップ
合格物語
商品案内・申込 合格理論 合格最前線ニュース Web講義 ブログ大賞 ソフトアップデート情報

合格最前線ニュース

メールマガジン
今年の試験における最新情報をメールで無料配信中!

今すぐメルマガ登録

学科合格支援ソフト
合格物語
詳しくはこちら
合格最前線ニュース

<<一覧へ戻る
合格最前線ニュース

■【大阪地区 環境設備講習会の参加者アンケート結果】
2017年03月10日
■【大阪地区 環境設備講習会の参加者アンケート結果】
2月18日,19日に開催した大阪地区 環境設備講習会にご参加頂いた皆様からのアンケート結果の一部を紹介いたします.
 
【参加を決めた理由】
・環境科目に苦手意識(現象系・公式を日本語で問う系)を持っており克服したいです。設備科目も含めて全体像のポイントを整理したいため参加を希望しました。
  
・過去問題の解説を理解できないまま流し読みしていて、 自分で調べていても時間がかかり、焦ってしまいます。講習会を通して整理して、勘違いや「わかっているつもり」 を減らしたいです。
 
・大きな点数ではないものの、細かな失点がある分野なので、しっかり押さえておきたいから。
 
・環境設備は、苦手ではないですが、学科受験の2年ブランクを埋める復習をしたいので、参加を決めました。
 
・苦手意識は薄れてきていろのですが、まだまだ理解出来ていないところがあり、改めて基礎から見直し、得意科目にしたいと思います。
  
・モチベーションを上げて行きながら、最後まで頑張りたいです。
 
・この講習会をきっかけに環境、設備分野を得意にしたいです。
 

【参加した感想】
・今まで字ヅラだけで解こうとしていたものが、実際に図や絵などにイメージを抽出しながら問題と向き合うことで、問題文の見え方が違ってくることに気づきました。イメージで覚える(右脳を使う)ことで記憶に定着してケアレスミス防止にもつながると感じました
  
・環境設備は理解しずらい分野ですが、今回の講義により理解度も深まり、問題を解く際に、頭で考えるだけでなく図を書き出す等の工夫の必要性を感じました。
 
「出題者との対話」の方法(コツ)を、実際の過去問を紐解きながら教えて下さったのが良かったです。出題者(問題)に対して傍観者(受身)だった自分の意識を変えたいと思いました
 
演習問題を合間に解く際、間違えやすいポイントを教えてもらったばかりにもかかわらず、何度も知識のアウトプットに失敗しました。何を引き出したら良いのか、わかっていなかったこと、自分がどんな風に問題を解いていて、ミスをしているのかが少し見えました。講習会でのアドバイスを意識して解くように取り組みます。ありがとうございました
 
具体的に「夏至の北面の可照時間が長い理由」「輝度の説明」「音響問題に対する割り切り方」等、とても良く理解できました。また、先生が体をフルに使って教えていただいたので、テキストなどに記載されている事項を具体的にイメージできました
  
イメージをして問題を解くことが大事なんだと思いました。
 
講義のスピードが速くて、ついていくのが大変でしたが、自分で復習した時に、講義で話されていた事がイメージで甦り、受講する前と比べて格段に理解が進みました

<< 一覧へ

 このサイトについてプライバシーステートメント特商法に基づく表記免責事項
株式会社田島建築研究所