一級建築士試験
トップページへTOP FAQFAQ 会社案内会社案内 お問い合わせお問合せ サイトマップサイトマップ
合格物語
商品案内・申込 合格理論 合格最前線ニュース Web講義 ブログ大賞 ソフトアップデート情報

合格最前線ニュース

メールマガジン
今年の試験における最新情報をメールで無料配信中!

今すぐメルマガ登録

学科合格支援ソフト
合格物語
詳しくはこちら
合格最前線ニュース

<<一覧へ戻る
合格最前線ニュース

■【法規×構造 講習会の参加者アンケート結果】
2017年03月15日
■【法規×構造 講習会の参加者アンケート結果】
3月4日,5日に開催した法規1,構造文章題1講習会にご参加頂いた皆様からのアンケート結果を紹介いたします.
 
【参加を決めた理由】
・法規、構造に特に不安を感じるので少しでも克服したいから。
 
・去年、法規と構造の点数が低く合否に響いたため、少しでも知識を蓄えられればと思い参加を希望します。
  
・合格物語の講習会は原理原則を教えてくれるので、公式の意味がなんとなくわかるようになります。なのでやみくもに暗記にたよらずに公式が理解しやすいため。

・昨年法規のタイム不足で点が取れなかったので強化するため。
 
・法規・構造ともになかなか勉強が捗らないことから、講習会を強いキッカケにしたいと考えているため。
 
・構造文章の法規部分についてどの条文からつながっているのかなど、法規・構造の双方をつなげたい。
 
・おそらく効率の悪い勉強をしているので、勉強のやり方や考え方を含めて、この試験に精通した人から教わりたい、と考えたため。

・ここの分野、とてもややこしいと感じています。コツがつかめたら時間短縮になると思ったので参加したいです。
   
【参加した感想】 
・「構造」を「法規」の条文でどうコントロールしているのか 、問題文だけでは見えていなかったイメージをつかむことができ、そして、その繋がりの大事さに気づきました。 ありがとうございました。
 
・ただ暗記しようとしていた構造計算ルートについて、法規と構造を関連づけて、体系的に理解すれば良かったのか!と目から鱗でした。問題が解けそうな手応えを掴んだので、しっかり復習したいと思います。
 
法規については、問題への接し方(反射的に答えを出す訓練でなく、問題の周辺をイメージすること、プラス、出題者の意図をとらえること)を教えていただいてよかったです。構造文章題については、憶えなくてよいこと(細かい数値とか)を言ってもらえて少し楽になりました。また、今どのあたりの事を解いているのか意識することが、線で理解することになるのだと感じました

 

初受験なので授業に付いて行けるかとても不安でしたが、分かりやすい解説でしたので、理解できました。スピードは速かったですが、沢山の量をやっていただいたので、後は自分で復習して過去問を解いて行けそうです。
 
昨年独学で勉強していて、今まで曖昧になっていた部分や、本番では行き当たりばったりで解答していた部分等の全体像がつかめたことで、問題に対する解答へのアプローチの手順が見えた気がした。独学ではつかめない、暗記するポイントや、問題文のどこに注目するべきか、出題者の意図は何か等、法規1日・構造1日と短い時間で、非常に凝縮された内容を知ることができた。初めて合格物語の講習会を受講したが、こんなに終始充実した講習会は初めてだった。時には強がらず、人に教えてもらうことも重要だと改めて気づかされた。
 
文章自体を覚える勉強方法がいかにダメか、よくわかりました。文章の背景にあるものを理解していないと、文章を少し変えただけでもまったく対応できないことに気づきました。やっぱりライブはいいですね。
 
一番難解なところが理解できたので自分でルートのフローを作り(イメージ)記憶したので法令集を見なくても問題が解けるようになった。(6条-20条-36条-81条)また、法令集も問題も、参考書も字ずらばっかりで記憶しにくい所へ限界体力計算で木造平屋を建てる写真が印象的で「そうか、小さい平屋で限界体力計算やっても構造設計一級建築士の関与は関係ないんだ」と字ずらではなくイメージで記憶できました。

資格学校には何度も通いました。試験間際になってやっと構造と施工、法規と計画との関連に気付き始め、試験へと突入していきました。今回は法規と構造との関連がポイントでしたが、独学や単に書物を眺めているだけでは得られない生きた知識を伝授していただきました。法令集に書かれた内容が構造では具体的な建物の基準となって立ち現われてくるさまは建築って面白いな、と再認識する瞬間でした。有難うございました。
 
法規の講座では構造との関連性が大変理解出来、両方の科目とも理解が深まった感じを強く感じました。このような講座は資格学校では無いのでとても有難い企画だと思います。事情があって2日目は参加できませんでしたが、「ポイント集」を期待して学習を進めます。持ち運びにも役立ち、いつも有難く活用させて頂いております。
 
出題のベースが、基準法・施行令と告示とで性格分けされているということは、法令集の持込可の法規と、そうではない構造とで、他科目とのバランス見ながらどこまでイメージ作りすれば現実的か、を意識しておくのが大事と感じた
 
講習会を受けてとても良かったです。今まで理解できなかった構造計算の流れ、理論を大変わかりやすく説明してもらえたのでよく理解できました。お蔭様で帰りの足取りが軽かったです。復習するのも楽しくできています
 
土曜と、日曜の講師の専門分野が違うため、同じような範囲の内容を違う視点で捉えているため、両方聞くことで理解しやすかった気がします。

<< 一覧へ

 このサイトについてプライバシーステートメント特商法に基づく表記免責事項
株式会社田島建築研究所