一級建築士試験
トップページへTOP FAQFAQ 会社案内会社案内 お問い合わせお問合せ サイトマップサイトマップ
合格物語
商品案内・申込 合格理論 合格最前線ニュース Web講義 ブログ大賞 ソフトアップデート情報

合格最前線ニュース

メールマガジン
今年の試験における最新情報をメールで無料配信中!

今すぐメルマガ登録

学科合格支援ソフト
合格物語
詳しくはこちら
合格最前線ニュース

<<一覧へ戻る
合格最前線ニュース

■【大阪地区 法規2,3講習会の参加者アンケート結果】
2017年04月23日
■【大阪地区 法規2,3講習会の参加者アンケート結果】
4月15日,16日に開催した法規2,3講習会にご参加頂いた皆様からのアンケート結果を紹介いたします.
 
【参加を決めた理由】
・いつも時間切れとなり、解けたと思っていた問題も、わかった気になっているだけでケアレスミスをしています。この状況を打破し、確実に点を取れるようにしたいと思います。
 
・法規科目のポイントや効率的な勉強の進め方など実際の講師の方の話を聞いて知りたいと思ったからです。
 
・問題文の解釈を誤ることで、点数の取りこぼしに繋がります。避難安全検証法や都市計画法、消防法など日頃扱わない条文は知識が乏しい点を補う必要があると思い参加することにしました。
 
・「解説を読んでもわかったのかどうかあやしい」、「苦手意識から勉強も嫌になっている」というのを少しでも克服したいと思い、参加希望しました。
 
・いつも時間が足りないので、この講習で更に体系を感じて時間短縮を図る為。
 
・法規試験の時だけマークシートを塗りつぶすときに手が震えるくらいに緊張します。この状態を少しでも克服したいので。
 
・問題文や解説を見るだけでは問題文が何を聞いているのかまで把握できていないので講習会でポイントを押さえたいです。

   
【参加した感想】 
・範囲が広く、内容の濃い講習会でした。解説だけでは理解できない内容や
、理解できていないことにもたくさん気づくことができました。講習会を受けることで法規科目への苦手意識が無くなり、取り掛かるのすら嫌だった法規の勉強ができるようになりました。ありがとうございます。
 
2日目だけの講習参加で、序盤は置いていかれそうになりましたが、復習も含めた講義で分かりやすく解説していただきました。「法令は体系的に覚える」(「体系を理解する」)これまでは、過去問を一つずつ単体で解いていて、苦労した割には結局頭に残らないというのが現状でしたが、法令の流れや繋がりを知ることで、設問に対する理解度も深まり、スピードアップにも繋がりそうです

・教えていただいた法令イメージトレーニングに用途などの項目も自分なりに取り入れて知識の体系化をはかっていきたいと思います。似て非なる条文を判断し・ワンセットになっている条文を見落とさないことの大切さを学ぶことができました
 
頭の中に法令集のマップを作ることと、条文の意味を理解することを同時にやる、といった勉強の進め方のヒントをもらえることが大きいです。「法令集を活用しつつ、頼らない」「法令集のマップと駅のマップは似ている(方向がわかればよい)」講習会で当てられて答えられませんでしたが、記憶に残り、これで覚えられると思いました。ありがとうございました

 
法令集は見て答えを探すものだと思ってましたが、条文の繋がりを理解しポイントを押さえれば、法令集を見なくても問題によっては回答可能であることを教わり、勉強の仕方が変わりました。ありがとうございます
 
・基準法だけでなく、関連法令も十分得点源になる。法令集を「引く」必要はあるが勘所を知っておけば、最低限の参照で済む、など「捨てる技術」を磨くことが重要と受け取りました
 
・個人学習では言葉の意味すら分かっていなかった建築協定の範囲がイメージできたことや、気付かけなかった法令集の構成を解説してもらえたのがよかった。 
 
法規科目で1番点の取りにくかったところをまとめることができたので大変うれしく思っております。
  
2日目は仕事でほぼ使わないのと、普段読み慣れない難しい文章なのでどうしても苦手ですが、建築士法は、講義内容がクリアに理解でき霧が晴れました。法令集の文章も普通に読めるし、ルールも理解でき、講義中の演習問題も、その後の先生の解説で自分が間違えた部分も納得し、とても充実した時間でした
 

<< 一覧へ

 このサイトについてプライバシーステートメント特商法に基づく表記免責事項
株式会社田島建築研究所