一級建築士試験
トップページへTOP FAQFAQ 会社案内会社案内 お問い合わせお問合せ サイトマップサイトマップ
合格物語
商品案内・申込 合格理論 合格最前線ニュース Web講義 ブログ大賞 ソフトアップデート情報

合格最前線ニュース

メールマガジン
今年の試験における最新情報をメールで無料配信中!

今すぐメルマガ登録

学科合格支援ソフト
合格物語
詳しくはこちら
合格最前線ニュース

<<一覧へ戻る
合格最前線ニュース

■【ソフトの基本的な使い方】
2017年11月09日
■【ソフトの基本的な使い方】
合格物語を初めて利用する受験生から何から始めればいいですか?」というお問い合わせをよく頂きます.合格物語には決まったカリキュラムや使い方はありません.1つ言えるのは,細かい所で悩まず,全体構成と要点を1巡で把握することで,その後の展開が断然有利になります.
 
一発で100%理解しようと進めて,途中で分からないことが出てくると,根本から理解しようとします.しかし調べてみると,次から次へ疑問が生まれ,遅々として進まず,挙句にやる気が失せてしまいがちです.最初から深追いは禁物です.しばらく調べても分からなかったら「分からなかった印」を付けて,次へ進むことです.後で考えれば他の知識から補完され,理解できることが多々あります.
----------------------------------------
1.まずはメインメニュー「学ぶ」から,科目・項目を選んでください(どの科目から始めても構いません).「環境科目-01.環境」の場合,54問が収録されています.「どんな知識が必要なのか」「出題者はどんな問い方をしてくるのか」「自分にとってどの程度の難易度なのか」,そういう視点で,問題文と解説を,読み進めていってください.この時に「印刷物教材」を活用頂くと,イメージの描き出しや,読み返しも楽なのでおススメです.
 
2.次にメインメニュー「〇×問題」で同じ科目・項目を設定します.「当り・外れ」ではなく,その内容の理解を確認するのが主目的です(「〇×問題」だけでドンドン進めるやり方は,おススメしません).出力形式は「一問一答」,出力順序は「通常」で始めましょう.初期設定では,間違えた時のみ解説が表示されますが,メインメニュー「設定」で,正解した時も,解説を表示させることも出来ます.また,正解は緑,誤答は黄色に「理解度」タグが自動的に色分けされます.
 
3.「〇×問題」が済んだら,メインメニュー「学習進度」から進捗状況を確認してみてください.初回の「〇×問題」と連動して,理解度が反映されます(全体比較を選択すると,ネットに接続し,情報が共有されます).記録を付けるのが苦手な方も,その目安が自動的に記録される為,後は上手く活用するだけ.成果測定を習慣にする事で継続力がアップします.
 
4.復習としてメインメニュー「学ぶ」に戻り,各問題コードの「理解度」タグを必要に応じて修正します.バッチリ理解済みのものは「緑」,理解が怪しいものは「緑→黄色」,全く理解できず後回しにするものは「赤」・・・と設定し直すと良いでしょう(更新していくので最初はザックリした判断で構いません).後々,全体をコントロールする指標となります.
----------------------------------------
このサイクルが基本形です.重要なのは必ず復習する事.次の日は,前日に勉強した内容を再確認してから,新たな項目を始めるようにしてください.学習を重ねる毎に,理解が深まり,知識が繋がるイメージを大切に.
 
慣れてくれば,「付箋」「自動再出題」「キーワード検索」等の機能を適切に使うタイミングが自ずと判断できるようになってきます.それらの機能を最初から完璧に使いこなす必要はありません.それらは2巡目以降で.過去問のマスターは,「過去問をマネジメントする事」がポイントになります.
 
ソフトの基本操作マニュアル(動画)については,こちら
 
どうしても解決できない事や,進め方が分からなくなった場合は,事務局までメールにてお問い合わせください.

<< 一覧へ

 このサイトについてプライバシーステートメント特商法に基づく表記免責事項
株式会社田島建築研究所