一級建築士試験
トップページへTOP FAQFAQ 会社案内会社案内 お問い合わせお問合せ サイトマップサイトマップ
合格物語
商品案内・申込 合格理論 合格最前線ニュース Web講義 ブログ大賞 ソフトアップデート情報

合格最前線ニュース

メールマガジン
今年の試験における最新情報をメールで無料配信中!

今すぐメルマガ登録

学科合格支援ソフト
合格物語
詳しくはこちら
合格最前線ニュース

<<一覧へ戻る
合格最前線ニュース

■【初めての合格物語・・・さて何から始める?】
2017年12月07日
■【初めての合格物語・・・さて何から始める?】
初めて合格物語で受験される皆さんから,例年,学習の進め方に関する質問がございますので,回答させて頂きます.
________________________ 
前回の受験から年数がだいぶ経過している事もあり、
実務の範囲を大きく超える内容で印刷物教材を見ても、??の分野が多く、いきなり1巡目を始めても全く回答が出来ず。あせるばかり・・・。 事前学習に時間をかけ過ぎては3巡は出来ないし・・・。
 
1巡目から付箋つけが必要かどうか(時間的に)の判断も出来ず。 まずは、何をどの程度の精度・ボリュームで始めたらいいのか?アドバイスをお願いします。
________________________
 
■【今の時期にすべきこと】
合格への道のりが幾通りもあるのと同様,勉強の進め方は十人十色です.その方の受験歴や得意・不得意,日々の勉強時間の確保,のんびりタイプorせっかちタイプ等の性格によっても異なります.
 
もし,ご自身で方針が定まっていない場合は,構造力学計算や環境科目から始めることをお薦めしています.特に,構造力学計算は,苦手な方が多く,時間も掛かるため億劫になりがちですが,一度理解できれば「長期記憶」が可能です.5月頃に力学計算を始めても,焦った状態で理解するのはまず無理です.今の時期こそ取り組むチャンスです.
 
近年の力学計算問題は,一時期ほど「難問」が出題されることはありません.ごく基本的な理解だけでも半分以上得点可能ですし,過去問の9割マスターできれば,本試験で全問正解も夢ではありません.食わず嫌いは損ですよ.
 
構造力学計算における「公式」は暗記するべきですが,それよりも解き方(解法)に慣れることが肝心です.自力で解こうとせずに,解く手順を丸暗記してしまいましょう.構造力学計算をマスターするコツは,「どうしてこうなるのだろう?なんであーなるのだろう?といちいち疑問視しない!」この一言に尽きはます.
  
まずは,いったん丸飲みしてください(=解き方の暗記を意識します).
 
これは,どの科目にも共通ですが,最初からディテール(細部)にこだわらないことが肝心です.1つ1つ完璧に理解しないと途中からわからなくなる……そんなことはありません.むしろ,細部まで理解しようとすると遅々として進まず,どんどん勉強がつまらなくなってしまいます.
 
最初は,「まず全科目1巡」を目指して下さい.付箋や再出など細かい設定は,2巡目でも構いません.1巡目よりも2巡目に見えてきたことが重要です.学科試験攻略の最大のコツは,ディテールよりも全体把握力にあります.全体をコントロールすればこそ,詳細も頭に入りやすいのです.
 
「チンプンカンプンから全問正解へ」構造力学計算を克服した卒業生のアドバイスは,こちら


<< 一覧へ

 このサイトについてプライバシーステートメント特商法に基づく表記免責事項
株式会社田島建築研究所