一級建築士試験
トップページへTOP FAQFAQ 会社案内会社案内 お問い合わせお問合せ サイトマップサイトマップ
合格物語
商品案内・申込 合格理論 合格最前線ニュース Web講義 ブログ大賞 ソフトアップデート情報

合格最前線ニュース

メールマガジン
今年の試験における最新情報をメールで無料配信中!

今すぐメルマガ登録

学科合格支援ソフト
合格物語
詳しくはこちら
合格最前線ニュース

<<一覧へ戻る
合格最前線ニュース

■【設備講習会の参加者アンケート結果】
2018年02月18日
■【設備講習会の参加者アンケート結果】
2月11日,12日に開催した設備講習会にご参加頂いた皆様からのアンケートの一部を紹介いたします.
 
【参加を決めた理由】
・空調設備の仕組みについて原理原則を理解して応用力をつけたかったから。
 
・試験では知っている問題が多かったと感じた割に得点出来ず、理解する必要性を感じたので。
 
・資格学校では教えてもらえない情報を得るため
 
・ただ暗記しようとしても設備の仕組みをわかってないと覚えられないので、設備の仕組みがわかるヒントにしたい為
 
・空調設備は頭が混乱しています。最低限の仕組みが理解できればと思います。
 
・電気設備全体の流れをいまいち掴めずにいます。イメージが湧きません。勉強不足もありますが、大切なのに後回しにしてしまってます。
 
・アウトプット仕方のヒントや、項目ごとの出題の仕方などのポイントを講師の方の話を聞いて知りたいです
 
・製図試験に向けて学科から図面に描くことを考えるように学んでいきたい
   
【参加した感想】
・講習会は、本当にいつもわかりやすいです。全体から入っていただけたので、複雑な冷凍機やボイラーなど、出題者が何の設備のどこの仕組みを聞いてるのかわかりました。かなり頭がスッキリしました!あと、過去問を解く時に自分の解法プロセスをいちいち書くことにしましたが、効果ありです!時間は少しかかりますが、また戻った時に同じミスがなくなり、自分の勘違いもわかるようになりました!
 

・今まで合格物語の過去問だけで勉強してきました。アウトプットの勉強法はしたことがなかったのですが、講習会で度々言われる体系化や、イメージの描き出しを少しずつ実践してみて、字面のみで理解しようとしていた時よりも、理解が深まりイメージが頭に浮かぶようになってきました
 
 
・出題者の意図を読むという事を理解できました。その意図を理解するための復習であり、知識の体系化であり、イメージ化なんだということも、納得です。
 
・予習の準備不足で参加したので少し不安でしたが、わかりやすく解説してもらえてよかったです。去年より設備がわかる様になったので、今年は丸暗記ではなく理解して解けそうです
 
・AHUの図式について、ようやく理解できました。実務で経験した苦労が試験問題のイメージとつながって身体的に分かるようになりました。自分は実務と関連づけられると理解しやすいんだろうな、という新たな気づきもありました。特に性能に対してのコスト問題などといったリアルな背景が加わることで、暗記せずとも想像しやすくなる気がします。
 
・電気、給排水については、暗記のポイントなどが明確になり、これまでなんとなく正答だった問題も、確信を持って回答できるようになりました。空調については、熱交換の概念みたいなもの、例えば、外気から熱を奪って暖房?とか、水が熱を運ぶ?とか、そこら辺がまだモヤモヤしており、出題者の意図を理解するって所まで到達できませんでした。
  
・空調設備では「この話はこの部分の話」と、図示して説明をしていただけたので大変わかりやすかったです。覚えることで精一杯で「あやふやなままでも仕方がない」と思っていましたが、受講してスッキリしました
 
・合格物語の講習会は初めて参加しました。学科の勉強は暗記ではなくイメージでの学習方法でないと記憶が継続しないとわかってはいたのですが、イメージでの勉強は一人ではなかなか難しく、この機会に色々と空調設備のイメージでの理解ができてよかったです。環境の講習会から参加したかったです。今後とも宜しくお願い致します。 
 
・空調関係など、ポイントを絞って詳しく解説してもらい、一人ではなかなか理解しずらい所がわかり良かったです。
  
・よくわかっていなかった「負荷率」「需要率」について「インプットとアウトプットを含めた理解」が出来ました。また、空調設備について、全体像の把握と、問題文が「どの部分を聞いているか」がイメージ出来るようになりました。「字面で追ってはいけない。イメージを作る」を常に意識しながら、勉強を進めていきたいです。
  
空調システムのどの辺の話をしているのか、今までは何となくの理解でしたが、場所を意識しながら講義を聞く事で、機器の内部の理解も深まりました。苦手な単一ダクト方式と湿り空気線図の関係も図が書けるようになりました。
 
他にも沢山のご回答を頂きました.ありがとうございました.尚,ご意見も頂いておりますので,こちらで回答させて頂きます.
・予約フォームで2日とも出席したい場合、2回同じ情報を入れるのがほんの少しだけ手間がかかります。(しかし1日だけの方もいると思いますので、今の状態でも大丈夫です)
 
仮に「両日参加」の枠を増設しますと,形式が「3パターン」となり,表示が煩わしくなります.また,両日でお申込みの後,1日だけキャンセルという場合は,一旦「両日」キャンセルし,改めてお申込み頂くことになります.これらの事を総合的に考えますと,1日単位でお申込み頂く方が,シンプルで分かりやすいと判断いたしました.この点につきまして,ご理解くださいますようお願いいたします.
  
・分かりやすく、とても良かったです。予約時、講習会の場所について、会場の区(地域)を公開して頂くと助かります。
 

会場につきましては,当方で特定の施設を保有しておらず,毎回,異なる施設での開催となっており,ご参加頂く皆様には,ご面倒をお掛けしております.また高額な会場は原則として除外し,参加費を抑えるよう努めています.場合によっては古い施設や,駅から離れた施設での開催となる場合もございます(現在,東京地区では,江東,江戸川,文京,中央区等での開催が多いです).遠方からのご参加で,宿泊先等を確保する目的で事前に知っておきたいと言う場合は,個別に対応いたしますので,合格物語事務局までお問い合わせください.
 
 

<< 一覧へ

 このサイトについてプライバシーステートメント特商法に基づく表記免責事項
株式会社田島建築研究所