一級建築士試験
トップページへTOP FAQFAQ 会社案内会社案内 お問い合わせお問合せ サイトマップサイトマップ
合格物語
商品案内・申込 合格理論 合格最前線ニュース Web講義 ブログ大賞 ソフトアップデート情報

合格最前線ニュース

メールマガジン
今年の試験における最新情報をメールで無料配信中!

今すぐメルマガ登録

学科合格支援ソフト
合格物語
詳しくはこちら
合格最前線ニュース

<<一覧へ戻る
合格最前線ニュース

■【法規×構造 講習会の参加者アンケート結果】
2018年03月11日
■【法規×構造 講習会の参加者アンケート結果】
3月3日,4日に開催した法規1,構造文章題1講習会にご参加頂いた皆様からのアンケートの一部を紹介いたします.
 
【参加を決めた理由】
・慣れる為に毎日法令集をひくように意識してますが、全体構成が理解できていなく問われていることの目的までなかなか到達しません。
 
・構造文章題は昨年割と時間をかけて理解してきたつもりですが、おそらく前提条件や背景など認識違いが多くあると思うので、この機会に軌道修正できればと思っています。
 
・法規全般で、条文解釈に苦手意識があり、構造文章と併せて理解度を高めたいと思います。
 
・頭の中の法規が上手く成り立っていない所があり、昨年の試験も時間がギリギリでした。
 
・実務上、法規・構造共にイメージが遠く、理解に時間がかかっているため。
 
・字面でしか理解していないし、今まで法令集に頼り過ぎていた。この講習で問われている内容の体系化やイメージ化を図りたい
 
・構造文章題が苦手です。どうも上手くまとめきれなくてイメージが湧きません。スーと暗記物にしてしまう癖があります。イメージ作りの一役になってくれればと思い受講します。
   
【参加した感想】 
・過去に教わった資格学校とは視点が違う解説に目から鱗の気分でした。また、過去問を解きながら講義というスタイルが斬新でした。
 
・法規に関しては、今まで字面と法令集に頼るのみだったので、条文を深く読みとくことを一度も行わなかったが、今回初めて条文の解釈が深まった。ひたすら感動です。構造に関しては、保有水平体力と必要保有水平耐力、そしてWD・FD系がやっと理解しました。この部分は正直ふわっとした理解で、やり過ごそうとしていたので、大変助かりました。ルートの内容もふわっとしか確認していなかったので、恐ろしいほど理解できました。

 
・予習が甘かったせいで、途中から置いていかれました。本当に反省です。しかし、配布資料により条文の関係性が見えてきたので、復習の際にとても助かりました。今は資料と法令集をいったりきたりしながら、少しずつ理解出来てきた気がします
 
・法規の資料が体系化されていて、頭の中に条文のフォルダが階層化された感じでした。構造は問題を解くための基本が理解できました。構造計算ルートも頭の中に入りました。今回は全体を通してこれから学ぶための収納BOXが準備できた感じです
 
・法20条−令36条−令81条の流れ、併せて、構造のルート計算について点と点が繋がってきた気がします。今までは、記と感覚に頼っていたものが、頭の中で明確にイメージできるようになってきました。復習をしっかり行い、自分のものに出来るようにしたいです。
 
・今回の講習会を理解しきれるか不安だったのですが、説明が非常にわかりやすく、今まで適当にわかったつもりでいた部分がストン、と腑に落ちて、頭が整理された気がします。合格物語のスローガン(?)は、過去問さえきちんと取り組めば合格できる!ということのようですが、やはり一度、頭の引き出しを整えるのも大切な気がします。
 
・1日目に「法20条-令36-令81条」の説明、2日目にルートの流れや構造計算の詳細の説明と、2日間連携がとれていて理解が深まりました。大分俯瞰して理解することができました。人に説明できかも!?
 
・ずっと苦手の耐震設計が理解でき、この分野の勉強が楽しくなりました。2日間連続で学べたことにより、理解できたと思います。法規の時は概要、構造で中身が理解できました。講師の先生方の熱量がとても伝わりました。
 
・講習会に参加することで、構造計画の考え方がわかってきて、過去問解くのが楽しくなりました

<< 一覧へ

 このサイトについてプライバシーステートメント特商法に基づく表記免責事項
株式会社田島建築研究所