一級建築士試験
トップページへTOP FAQFAQ 会社案内会社案内 お問い合わせお問合せ サイトマップサイトマップ
合格物語
商品案内・申込 合格理論 合格最前線ニュース Web講義 ブログ大賞 ソフトアップデート情報

合格最前線ニュース

メールマガジン
今年の試験における最新情報をメールで無料配信中!

今すぐメルマガ登録

学科合格支援ソフト
合格物語
詳しくはこちら
合格最前線ニュース

<<一覧へ戻る
合格最前線ニュース

■【法規2,3 講習会の参加者アンケート結果】
2018年05月07日
■【法規2,3 講習会の参加者アンケート結果】
4月28日,29日に開催した法規2,3 講習会にご参加頂いた皆様からのアンケート結果を紹介いたします.
 
【参加を決めた理由】
・知識が足りず法令集頼りになってしまう範囲なので、整理して時間短縮を図りたいため
 
・毎回、苦労している分野です。いつもどこを探していいかわからず、時間制限でいっぱいいっぱいになってしまいます。
 
・普段読み慣れない法規で時間がかかってしまっており、仕組みを知り、時間短縮につなげたいため。
 
・学習範囲の短時間でのまとめ学習が行えるため。
 
・勉強していても中々知識のつながりが感じられない「既存不適格」,「用途変更」,「避難安全検証法」を克服したい。
 
・基準法以外の法令は、いつも曖昧なまま試験に臨んでいるので、イメージ作りをしたいため。
 
・「法規のウラ指導」講習会に続き、モチベーションを上げたいが為に参加いたします。
 
・法規学習のヒントが欲しいので
 
【参加した感想】 
・講習会を通して、今までいかに○×での判断で問題を捉えていたのか、体系的に法規を考えられてないゆえに左脳ばかり使って疲れていたかがよく分かりました。まだ講習会の効果を100%こなせてはいませんが、法令の仕組みを知って問題を見てみると、こんなにも問題文がわかりやすかったのかと初めて思えました。 全く理解できないところから、ここまで考え方を変えることができたことに自分でも驚いています。学校では得られない何百倍もの価値がありました。法規が楽しいと思えるようになったことに感謝です。ありがとうございます!頑張ります!!
 

・「法規の体系化」という言葉の意味を合格物語・ウラ指導の講習会を通じて丁寧にご指導いただきました。すべて法令集頼みだった今までの法規ですが、勉強方法や頭の中に入れていく知識が明らかに変わりました。苦手を克服できない教科ではありますが、非常に大きな成果を得た講習会だったと思います。
 
・法令のイメージトレ―ニングが非常に良かったです。自分の中にどの程度、知識として法令の数値、ワードが入っているかがわかった。(正確にはほとんど頭に入っていないことが分かった)この時期に気づいて良かったです。本番までの期間で、イメトレを意識して頭の中の法令集のマップ作りをしていこうと思いました。
  
・講習を受ける前は法令のイメージ化についてどうやって取り組めば良いかかなり悩んでいたのですが、講習会の中で法令のイメトレをやった際に、突然「こうゆうことか!」という感覚をつかむことができました。その後、条文の相互関係を意識しながら復習していると、なんとなく法令集の全体構成を感じながら問題に取り組めるようになって来た気がします。この感じが本番で使えるように、しっかり法令のイメージ作りに取り組みたいと思います。
 
・法令の体系、繋がりについて再認識できました。また問題文に対して視点を少し変えるだけで、いろいろな方向性が見えてきた気がします。残り少ない期間全力で走りたいと思います。
 
・「一問一答の問題と解説を覚えるのではなく、体系的にまとめることを意識する」ということは以前から頭の隅にありましたが、実際どのように学習すれば良いかよくわかっていませんでした。今回の受講でそのきっかけができ、今後の学習がより良く進みそうです
 
・建築士法、バリアフリー法等の問題は本試験では時間的に余裕がなくなり、またイメージがつかないまま読解を始めたりと、焦りで謎の行動に入りがちだったのですが、講習会ではイメージが出来て分かりやすく説明されていたため落ち着いて問題に取り組めそうです
既存不適格の講習は苦手分野でもあったので少しハードでした。
 

<< 一覧へ

 このサイトについてプライバシーステートメント特商法に基づく表記免責事項
株式会社田島建築研究所