一級建築士試験
トップページへTOP FAQFAQ 会社案内会社案内 お問い合わせお問合せ サイトマップサイトマップ
合格物語
商品案内・申込 合格理論 合格最前線ニュース Web講義 ブログ大賞 ソフトアップデート情報

合格最前線ニュース

メールマガジン
今年の試験における最新情報をメールで無料配信中!

今すぐメルマガ登録

学科合格支援ソフト
合格物語
詳しくはこちら
合格最前線ニュース

<<一覧へ戻る
合格最前線ニュース

■【構造文章題2,3講習会の参加者アンケート結果】
2018年05月23日
■【構造文章題2,3講習会の参加者アンケート結果】
5月12日,13日に東京で開催した構造文章題2,3講習会にご参加頂いた皆様からのアンケート結果をご紹介します.
 
【参加を決めた理由】
・計画系の科目だと、なんとなくイメージができて出題者の意図が気付けるのですが、構造と施工の文章題は何を問われてるのかつかめません。
 
・丸暗記になりがちで覚えきれなくて点数がとれません。
  
・理解しずらい構造文章問題を視覚的・体系的に頭にイメージできるよに整理する方法を学びたいため
  
・少し言い回しが違うとあやふやになってしまいます。基本的にイメージが出来ていないからではないかと思います。講習会で整理できればと思います。

・なんとなく分かっている部分を確実のものにし、実際の問題において、ポイントやイメージを想像できるようになりたいです。
 
・自分が勉強したことの理解が間違っていないかということを確かめながら、より理解深めたいと思います
 
・分かってるような分かんないような…あやふやな状態なのをしっかり解けるようになりたいため。
 
・何度も同じところを間違えるのでポイントを押さえたいです。
 
【参加した感想】 
問題文自体が難しく、何を聞いているのか分からないことが多かったのですが、テキスト等を使用し、単語から教えて頂いたので、分かりやすかったです。どのポイントを抑えれば、解答できるのか?をご指導頂き、分かりにくかった問題文がイメージできるようになってきました。復習をしっかり行い、自分のものにしていきたいです。
 
・構造文章題はどうしてそういう答えが出るのか分からず、自分なりに解釈して問題を解いていたのですが、その勉強方法だと、少しでも問題文が違うと間違えてばかりいて対応力のないことが欠点でした。この講習会を受けてから自分の解釈が間違えていたと気づき、また分かりやすいイメージでの授業だったため対応力がつき、どんな問題でも解きやすくなりました
 
難しい科目だからこそ、細かい理論や公式は使わずに、わかりやすいようにイメージで解くとういうのが、自分の中でピタッとはまりました。また、押さえておかなければいけないポイントとマニアックだから深く考えず、そうゆうものとして理解すればいいところと線引きできたので今後の学習の効率化につながると思う。
 
これまでは問題と解説の字面を追うばかりで具体的なイメージができていないところがあったが、ひとつひとつをきちんとイメージすることで間違いが減ることが実感できた
 
自分の思っていたものと実際のイメージが違っていた部分が有ったので、修正できたのがよかったです。
 
いつもクリア出来ない高い壁である構造。頭の中が疑問だらけの状態で参加したため、講義の内容が自身の知識に直結するまでには至らなかったが、たくさんのヒントをいただくことができました。復習の際、頭の中で散らばっているヒントを一つ一つ整理するイメージで今後の勉強に役立てます
 
・解答にあたって、いろいろな角度から問題文にアクセスすること、状況、状態のイメージをもってあたることで、焦ることがなくなると思いました

苦手なところを集中的に講義を聞けて、かなり進歩したと思います 資格学校へ行ってないので他は分かりませんが、為になりました。


<< 一覧へ

 このサイトについてプライバシーステートメント特商法に基づく表記免責事項
株式会社田島建築研究所