一級建築士試験
トップページへTOP FAQFAQ 会社案内会社案内 お問い合わせお問合せ サイトマップサイトマップ
合格物語
商品案内・申込 合格理論 合格最前線ニュース Web講義 ブログ大賞 ソフトアップデート情報

合格最前線ニュース

メールマガジン
今年の試験における最新情報をメールで無料配信中!

今すぐメルマガ登録

学科合格支援ソフト
合格物語
詳しくはこちら
合格最前線ニュース

<<一覧へ戻る
合格最前線ニュース

■【ユーザーアンケートで頂いた声_その1】
2018年07月28日
■【ユーザーアンケートで頂いた声_その1】
2018年版ユーザーの皆様にご協力いただき,アンケート(2つの質問)を実施しました.その内,今後の学科受験生に役立つ内容を,いくつかご紹介いたします.また貴重なご意見,ご提言も多くいただきました.合格物語は,受験生の皆様とともに,今後も進化していきます.
 
質問1.合格物語で学科試験勉強を行うことにした「決め手」を教えて下さい.
 
今年が初受験で、独学で頑張ろうと思い、2月頃から友達に某資格学校の参考書を借りて、ちょっとずつ勉強してたのですが、この勉強方法でいいのか疑問でした。合格物語のことは知らなくて、友達にウラ指導のことを教えてもらい、4月のウラ指導の法規の講習会に参加すると、参加している方がなにやらタブレットを持っていて、なにか操作されている、そして講師の方もなにかソフトウェアを使っておられる。そこで合格物語を知って、ホームページで内容を見てみると、過去問の検索ができたりと、いろいろ便利そうだなと思ったので、合格物語で勉強することに決めました
 
質問2.今年の学科試験を受験してみて,アナタにとって最適な勉強方法とはどんな内容だと思いましたか.
 
勉強の本腰をいれたのは4月ごろから、5月から合格物語を本格的に使い始めました。まだ、参考書の読破がまだだったので、その日に読んだところについて、合格物語で過去問を解くという形を6月の頭頃までやっていました。
そのあと、合格物語は○×形式なので、6月中旬ごろから市販の過去問7年分について、平日一日教科ぐらいのペースで解いていました。解いた後に苦手なところを合格物語で復習するという形を取っていました。休日に一日1年度分やって、その日のうちに間違ったところと理解不足のところを合格物語で復習。ウラ指導さんの一発逆転模試全2回を再度解いて、間違ったところ等をまた合格物語でチェックという形で最後の週は終えました。
本格的に勉強するのが遅かったため、合格物語もそれぞれ1巡+α、過去問も1巡しかできなかったですが、7月の三連休からの最後の週までの一日1試験の追い込みが、そのままの勢いで本試験でも臨めたのかなと思います。

<< 一覧へ

 このサイトについてプライバシーステートメント特商法に基づく表記免責事項
株式会社田島建築研究所