一級建築士試験
トップページへTOP FAQFAQ 会社案内会社案内 お問い合わせお問合せ サイトマップサイトマップ
合格物語
商品案内・申込 合格理論 合格最前線ニュース Web講義 ブログ大賞 ソフトアップデート情報

合格最前線ニュース

メールマガジン
今年の試験における最新情報をメールで無料配信中!

今すぐメルマガ登録

学科合格支援ソフト
合格物語
詳しくはこちら
合格最前線ニュース

<<一覧へ戻る
合格最前線ニュース

■【ユーザーアンケートで頂いた声_その3】
2018年07月30日
■【ユーザーアンケートで頂いた声_その3】
2018年版ユーザーの皆様にご協力いただき,アンケート(2つの質問)を実施しました.その内,今後の学科受験生に役立つ内容を,いくつかご紹介いたします.また貴重なご意見,ご提言も多くいただきました.合格物語は,受験生の皆様とともに,今後も進化していきます.
 
質問1.合格物語で学科試験勉強を行うことにした「決め手」を教えて下さい.
 
自分は如何に効率的に勉強を進めるかを決め手とし、合格物語を選定しました。メルマガでも書いてありましたが、結局、過去問の理解で学科試験はクリアできるということは そのとおりだと思います。
でも、ただ単にこなすだけではなく、一問一問に対して説明できるか否かを自問自答して合格物語をまわしていました。(全部が自問自答していたわけではないです、丸暗記していたこともあります。)
 
質問2.今年の学科試験を受験してみて,アナタにとって最適な勉強方法とはどんな内容だと思いましたか.
 
人によって、感覚的に理解できる人と文字や図で書き出してノートを作らないと理解できない人や、耳から聞くことで理解が定着する人がいると思います。ですから、なかなか自分に合う勉強方法って見付けられないと思います。自分は、感覚的に勉強するタイプなので、ノートを作ったとしても後々みないですし、ノートを作ることで満足してしまい、時間のロスにしかならなかったので、ひたすら過去問を解いていました。
おのずと、知識のどの部分の話を問われているのか、みたいなのが分かってくる。開眼するというか・・・その時まで、過去問をひたすら回しました。

<< 一覧へ

 このサイトについてプライバシーステートメント特商法に基づく表記免責事項
株式会社田島建築研究所