一級建築士試験
トップページへTOP FAQFAQ 会社案内会社案内 お問い合わせお問合せ サイトマップサイトマップ
合格物語
商品案内・申込 合格理論 合格最前線ニュース Web講義 ブログ大賞 ソフトアップデート情報

合格最前線ニュース

メールマガジン
今年の試験における最新情報をメールで無料配信中!

今すぐメルマガ登録

学科合格支援ソフト
合格物語
詳しくはこちら
合格最前線ニュース

<<一覧へ戻る
合格最前線ニュース

■【ユーザーアンケートで頂いた声_その7】
2018年08月05日
■【ユーザーアンケートで頂いた声_その7】
2018年版ユーザーの皆様にご協力いただき,アンケート(2つの質問)を実施しました.その内,今後の学科受験生に役立つ内容を,いくつかご紹介いたします.また貴重なご意見,ご提言も多くいただきました.合格物語は,受験生の皆様とともに,今後も進化していきます.
 
質問1.合格物語で学科試験勉強を行うことにした「決め手」を教えて下さい.
 
過去問のボリュームの多さと、音声データです。合格物語を使った勉強法は、自分にとても最適でした。昨年まで2度、学科試験に失敗しました。学校の模試では点数は90点以上を取っていたにも関わらず、本番では取れませんでした。過去問への取り組みの少なさが原因だと感じ、過去問を中心に勉強をしようと決め、資格学校に通うのを辞めました。
友人との話で名前だけ聞いたことがあった「合格物語」をインターネットで調べて、これで勉強してみようと決めました。
今回の試験で合格点基準点以上(100点)を取ることができ、本当に合格物語を選んでよかったです。ありがとうございました!これからは製図の勉強を頑張りながら、周りの独学で頑張っている人たちに、「合格物語」をおすすめしたいと思います
 
質問2.今年の学科試験を受験してみて,アナタにとって最適な勉強方法とはどんな内容だと思いましたか.
 
1巡目は、まんべんなく、全問解きました。理解度を区別するために付箋に名前を付けて活用しました。
*理解段階に分けて
青→〇perfect!補足まで話せる問題
橙→△retry 答えは当たるけど曖昧な問題、理由を説明できない問題
赤→理解不能・勘違い その答えになる理由が分からない
2巡目も同様ですが、付箋を追加しました。
*苦手項目をすぐに検索・集中して勉強できるように
黄色→建築作品、緑→暗記済など 
3巡目は、赤・橙の付箋がついた問題のみを、パソコンではなく紙の教材の方で勉強しました。アンダーラインや補足、図を自分の言葉で書き込みながら勉強するためです。
○4巡目
H21〜H29の9年間の問題をすべて解く
H20〜H18の3年間の問題の橙・赤の付箋がついた問題のみ解く
○仕上げ
4巡してもなお、橙から抜け出せない問題を検索して一覧印刷し、試験直前の確認用の教材 “自分のためだけの教科書” としました。
---------------------
豊富な検索機能と一覧印刷が、私にとってとても嬉しい機能でした。音声データも昨年までは自分の声を録音して聞いていたので、「こんなのあったらいいのに…」と思っていたものが実現されていました
他にも、メルマガでアウトプットの大切さのお話をされていましたが、それをきっかけに問題を解きながら、とにかく書き出してみることを意識するようになりました
新問題に対しても、諦めて適当に答えるのではなく、連想ゲームのように考えてヒントをひたすら探りました。
問題についてのメールでの質問も丁寧に答えていただき感謝しています。ありがとうございました。

<< 一覧へ

 このサイトについてプライバシーステートメント特商法に基づく表記免責事項
株式会社田島建築研究所