一級建築士試験
トップページへTOP FAQFAQ 会社案内会社案内 お問い合わせお問合せ サイトマップサイトマップ
合格物語
商品案内・申込 合格理論 合格最前線ニュース Web講義 ブログ大賞 ソフトアップデート情報

合格最前線ニュース

メールマガジン
今年の試験における最新情報をメールで無料配信中!

今すぐメルマガ登録

学科合格支援ソフト
合格物語
詳しくはこちら
合格最前線ニュース

<<一覧へ戻る
合格最前線ニュース

■【2月設備講習会の参加者アンケート結果】
2019年02月21日
■【2月設備講習会の参加者アンケート結果】
2月10日,11日に開催した環境講習会にご参加頂いた皆様からのアンケートの一部を紹介いたします.
  
【参加を決めた理由】
・初めての受験のため、勉強の進め方を知りたい。
 
・知識の整理と再確認がしたいため。また、学科試験合格を見据えて、建築設備の知識を製図試験に役立てたいと考えました。
 
・独学では得られない知識の習得を希望しています。
 
・暗記だけでは対応しきれない応用問題にも答えられるようにしたいので参加したいです。また、特に重点的に対策すべき部分が何処かも教えていただきたいです。
 
・比較的 得意な分野ではあるが、違う視点で気づきがあるといいなと考えたから。
 
・昨年の試験では根本的に理解していない項目などがあり、問われている事に対して基本的な理解とともに、解答する項目の精度も上げたいため。
 
・空調の仕組みがいまひとつ理解できません。今回の講習ではっきりさせたいと思います。
 
・まだ設備に手を付けていないので、出題範囲を体系的に学びたい。また、一人での勉強のみでは不安が残るため。
 
【参加した感想】 
・問題の見方や上手な解き方等を教えて頂いて、自分が問題を解くときやテキストを読むとき、少し見方が違ってきたように思います。
 
・初受験のため、勉強の進め方や問題の捉え方などよく分からず、不安を抱えての参加でしたが、的確で大変分かりやすい講義のおかげで様々な疑問が解消しました。ありがとうございございます。また参加させていただきます。
 
・得意な科目と思っていたので、講習会の参加も悩んだのですが、機械的に過去問を自分で解き続けるのとは違い、実際のポンプの動きや、それが省エネルギーにどう関わるのかまでを教えて頂き、私の中でただの暗記科目から、考えて解く科目に変化しました
 
イメージの描き出しは、日々の学習の中で行っていく必要があると感じました。出題者との対話についても同じことが言えます。今後、知識の詰込の学習だけでなく、日々の学習の中でも実践していきます。
 
・丁寧な解説ありがとうございました。自分の知識がただの言葉の暗記になっている事を痛感しました。問題を解く際は「イメージの描き出し」を意識的に行います。
 
・一度答えを出してしまうと、単純な間違いでも、見直しても見つけられません。これまでケアレスミスは、避けられないと諦めていましたが、試験中、計算以外でも書き込みをしながら問題を解くということをやっていこうと思います
 
・吸収式冷凍設備の仕組みについて理解できたつもりになっている状態ですので、仕組みが描き出せるようにしっかり復習したいと思います
 
「アウトプットがどれくらいできるか」が問題を解くのに重要なことがわかりました。まだまだアウトプット出来ていないので努力します。
 

<< 一覧へ

 このサイトについてプライバシーステートメント特商法に基づく表記免責事項
株式会社田島建築研究所