一級建築士試験
トップページへTOP FAQFAQ 会社案内会社案内 お問い合わせお問合せ サイトマップサイトマップ
合格物語
商品案内・申込 合格理論 合格最前線ニュース Web講義 ブログ大賞 ソフトアップデート情報

合格最前線ニュース

メールマガジン
今年の試験における最新情報をメールで無料配信中!

今すぐメルマガ登録

学科合格支援ソフト
合格物語
詳しくはこちら
合格最前線ニュース

<<一覧へ戻る
合格最前線ニュース

■【5月 大阪 構造文章題2,3講習会の参加者アンケート結果】
2019年05月21日
■【5月 大阪 構造文章題2,3講習会の参加者アンケート結果】
5月11日,12日に大阪で開催した構造文章題2,3講習会にご参加頂いた皆様からのアンケートの一部を紹介します.
 
【参加を決めた理由】
・独学で見落としがちな事を確認するため
 
・理解違いをしている箇所や、自分では気付けていないポイントを知りたいと思ったからです。
 
・試験日が迫ってきている中で、構造を後回しにしていたため。
 
・本試験で法規科目のあとの構造科目は、頭がフル回転できずで苦戦します。出題傾向を理解して基本と要点をおさえ、得点源につなげたいです。
 
・構造の文章問題の中で鉄骨造、鉄筋コンクリート造は非常にあいまいなため。
 
・何回読んでも解らない文章問題を1問でも理解したいので。
 
・暗記しなければ解けないものと、理解しておけば解ける問題をはっきりさせたい。
 
・試験の出題数が多い項目なのですが、あいまいになっている部分が多く、試験前の丸のみ暗記をしています。
   
【参加した感想】
・講習会では、暗記よりも、試験で抑えておくべき「重要ポイント」や「考え方」を理解することにフォーカスしており、また、この「考え方」を用いて過去問実践を講習会の中でやってもらえるので、解き方のイメージが非常に付きやすくなりました。構造素人なので、解説を読んでもなんのこっちゃということが多々あるのですが、考え方を知れたことで、自分の中でイメージを持つことができ、理解度が向上したように思います。
 
・今回の講習内容は、基本の説明が多く、構造が苦手な私にとって、大変ありがたかったです。あと、最低限のポイントもお聞きでき、苦手だからこそ時間のかかってしまっていた構造にかける時間を短縮できそうです。
 
・今回は比較的イメージしやすい分野だったと思います。難解な構造もこうやってほぐしていけば少しずつ理解出来るんだ、と実感しました。いつも、ありがとうございます。
 
・構造力学の考え方が薄ぼんやりとわかりました。講習会後に資格学校の模試を受けに行ったのですが、今回の講義の部分は、イメージをふくらませて集中して考え抜くことができました。
 
・勘違いしていた部分の確認ができ、その部分を押さえて進めていけば、ミス無く進めて先に行けるようになってきました。
 
・SRC造、杭、地盤は携わる機会がなく、文章で解説されていても理解度は低かったと思います。講習会に参加して、間違った解釈をしていることがわかりやすく説明いただけたのと、解説にある内容以外の視点もプラスで学べたことが良かったです。
 
・単純な知識や問題に対しての「解答」だけでなく、問題を解くための「考え方」、「キーワード」を伝えてもらいました。知らない語句、身近でない用語が並ぶ分野でしたが、取組やすくなりました。
 
とても有意義な講習会でした!記憶が整理され、問題を解きながらポイントをおさえながら、また記憶を整理できました。「問題文の意味、解説の意味がわからない」がどんどん解決され、復習が楽しく感じます。しっかりと復習して、苦手意識を克服したいです。ありがとうございました。

<< 一覧へ

 このサイトについてプライバシーステートメント特商法に基づく表記免責事項
株式会社田島建築研究所