一級建築士試験
トップページへTOP FAQFAQ 会社案内会社案内 お問い合わせお問合せ サイトマップサイトマップ
合格物語
商品案内・申込 合格理論 合格最前線ニュース Web講義 ブログ大賞 ソフトアップデート情報

合格最前線ニュース

メールマガジン
今年の試験における最新情報をメールで無料配信中!

今すぐメルマガ登録

学科合格支援ソフト
合格物語
詳しくはこちら
合格最前線ニュース

<<一覧へ戻る
合格最前線ニュース

■【ユーザーアンケートで頂いた声_その18】
2019年08月20日
■【ユーザーアンケートで頂いた声_その18】
2019年版ユーザーの皆様にご協力いただき,アンケート(2つの質問)を実施しました.その内,今後の学科受験生に役立つ内容を,いくつかご紹介いたします.また貴重なご意見,ご提言も多くいただきました.合格物語は,受験生の皆様とともに,今後も進化していきます.
 
質問1.合格物語で学科試験勉強を行うことにした「決め手」を教えて下さい.
 
私は、昔からマーク形式の試験にめっきり弱く、センター試験でも大失敗をした過去があります。選択肢が用意されると、言葉の端々に引っかかってしまって、設問の意図に気づけず得点できないことが多いからです。このことを既に資格者である主人に相談すると、過去問の勉強をする際に、4肢から正解を導く方法よりも○×で勉強した方が良いと勧められてのことでした。私は、これまでの他の試験は、知識が定着してから自在に使えるようになるまで勉強して試験に臨んでいたのですが、一級建築士試験に関しては、知識の定着は試験勉強と並行しては間に合わないのだと何度目かの受験で思い知り、「合格物語」で勉強することにしました。 
 
質問2.今年の学科試験を受験してみて,アナタにとって最適な勉強方法とはどんな内容だと思いましたか.
 
勉強方法は、○×をひたすらに進めるだけでした。この時に、少し考えたり覚えていないことは、すぐに解説を確認し、時間をかけないようにしていました。正解か不正解か、その都度判定して、解説でどこが違っていたのか確認するだけで、問われている部分を繰り返し体に染み込ませるといった作業をしました。
これまで何度か試験を受けてきましたが、○×で何度も繰り返し問題を回答することによって「問われている部分」が自分なりに理解できてきたように思いました。本試験でも、例年より自信を持って解答できました

<< 一覧へ

 このサイトについてプライバシーステートメント特商法に基づく表記免責事項
株式会社田島建築研究所