一級建築士試験
トップページへTOP FAQFAQ 会社案内会社案内 お問い合わせお問合せ サイトマップサイトマップ
合格物語
商品案内・申込 合格理論 合格最前線ニュース Web講義 ブログ大賞 ソフトアップデート情報

合格最前線ニュース

メールマガジン
今年の試験における最新情報をメールで無料配信中!

今すぐメルマガ登録

学科合格支援ソフト
合格物語
詳しくはこちら
合格最前線ニュース

<<一覧へ戻る
合格最前線ニュース

■【ユーザーアンケートで頂いた声_その19】
2019年08月21日
■【ユーザーアンケートで頂いた声_その19】
2019年版ユーザーの皆様にご協力いただき,アンケート(2つの質問)を実施しました.その内,今後の学科受験生に役立つ内容を,いくつかご紹介いたします.また貴重なご意見,ご提言も多くいただきました.合格物語は,受験生の皆様とともに,今後も進化していきます.
 
質問1.合格物語で学科試験勉強を行うことにした「決め手」を教えて下さい.
 
「資格学校の金額が自分にとってとても高かったこと。また、数年前にその資格学校の営業がしつこく勧誘の電話をかけてきたのが迷惑だったこと。」もあり、独学で学ぼうと決意していました。
そんな中、ソフトを使って自分の解いた問題の整理ができる合格物語を見つけて、自分に合いそうだと思い、決めました。
 
 
質問2.今年の学科試験を受験してみて,アナタにとって最適な勉強方法とはどんな内容だと思いましたか.
 
合格物語を使用して3年目でしたが、今年はタブレットPCを購入して、日常生活の空いている時間にも問題を解いていくスタイルにしました。タブレットにより勉強への取り掛かり易さが向上してとても効果的でした。
自分は、記憶力がとても悪いので、復習を意識して行うようにしました。その際、問題は15問解いたら、再度その15問を解くというルールを自分で作りそれを続けました。
合格物語を使って多くの問題に触れることができたせいか、試験当日は何となく問題作成者がどこを重要視してこの問題を作ったかが各々分かったように感じ、スムーズに回答を見つけることが出来ました。
特にキーワードの反対の言葉を問題ごと意識して考えながら解きました。
それにより、過去問との言い回しの違いもイメージして見破ることができ、ケアレスミスをなくすことができたと思います。

<< 一覧へ

 このサイトについてプライバシーステートメント特商法に基づく表記免責事項
株式会社田島建築研究所