一級建築士試験
トップページへTOP FAQFAQ 会社案内会社案内 お問い合わせお問合せ サイトマップサイトマップ
合格物語
商品案内・申込 合格理論 合格最前線ニュース Web講義 ブログ大賞 ソフトアップデート情報

合格最前線ニュース

メールマガジン
今年の試験における最新情報をメールで無料配信中!

今すぐメルマガ登録

学科合格支援ソフト
合格物語
詳しくはこちら
合格最前線ニュース

<<一覧へ戻る
合格最前線ニュース

■【合格物語ユーザーの中古タブレット選び】
2019年10月27日
合格物語で今年の学科試験に合格されたユーザー様より「合格物語を使用するための中古タブレット選び」についてのレポートを提供頂きました.

レポートされている機種は5種類で,以下の5点についてコメントがございます.

・メーカーホームページ又はスペック参考ホームページ
・入手先及び購入価格
・良かった点
・悪かった点
・その他特記事項
____________________
1)Miix2 8
■メーカーホームページ又はスペック参考ホームページは,コチラ
■入手先及び購入価格 
・ヤフオクで約一万円で購入(2018年1月頃)
■良かった点
・本体重量が軽くて、起動も早いのでどこでも勉強できた
■悪かった点
・画面の解像度が低いので解説の図解の一覧性が悪い。
■その他特記事項
・特になし
 
2)CLIDE9
■メーカーホームページ又はスペック参考ホームページは,コチラ
■入手先及び購入価格
・大阪日本橋の中古ショップでで約一万円で購入(2018年3月頃)
■良かった点
・解像度が高いので解説図解の一覧性があがり勉強しやすくなった
■悪かった点
・解像度の割に画面が小さいので詳細検索が年で画面をタッチするときに誤タッチが頻発した
・解説文をマーカ処理するのに別途マウスが必要なので、出先で勉強するときに煩わしい
■その他特記事項
特になし
 
3)VivoTab Note 8 (M80TA)
■メーカーホームページ又はスペック参考ホームページは,コチラ
■入手先及び購入価格 
・ヤフオクで約8000円で購入(2018年5月頃)
■良かった点
・デジタイザーペン内蔵なので出先でも解説文のマーカー処理ができ勉強効率がかなり上がった
■悪かった点
・画面の解像度が低いので解説の図解の一覧性が悪い
■その他特記事項
・この機種特有のタッチパネルが反応しなくなる「コード10エラー」という症状が現れる.コチラのホームページを参考に修理した.
 
4)ThinkPad Helix(2013)
■メーカーホームページ又はスペック参考ホームページは,コチラ
■入手先及び購入価格 
・ヤフオクで約二万円で購入(2018年6月頃)
■良かった点
・解像度及び画面サイズが快適。解説図解の一覧性にも快適
・本体にもキーボードにもバッテリーがあるので駆動時間が長いので気軽に持ち歩けた 
・デジタイザーペン対応で外出先でも解説文マーカー処理ができる。
・キーボード分離型の2in1なのでじっくり落ち着いて勉強したいときも外出先でサクッと勉強したいときにもどちらでも使いやすい。
■悪かった点
・最初は気にならなかったが常に持ち歩くと重い(約1.7kg)
■その他特記事項
・重さが気にならなければ、合格物語を勉強するのにいい機種だと思います
私は重さが気になったので次のThinkPad10に乗り換えました。
・参考までに私が使っていたのは2013年タイプですが後継機種には2015年タイプがあります。
今なら2015年タイプの方が入手しやすいと思いますが機体によりデジタイザーペン非対応のものもあるみたいです。入手の際には気を付けてください
 
5)ThinkPad10
■メーカーホームページ又はスペック参考ホームページは,コチラ
■入手先及び購入価格
・本体→ ヤフオクで約8000円で購入(2019年1月頃)
・純正カバー→ebay で約8000円で購入(2019年1月頃)
■良かった点
・解像度及び画面サイズが快適。解説図解の一覧性にも快適。
・デジタイザーペン対応で外出先でも解説文マーカー処理ができる。
・`本体にはデジタイザーペンが収納できないが純正カバーにペンを引っ掛けれるようになってるので純正カバーは必須。
・カバーを閉じると自動的にスリープになり、カバーを開けると自動的に復帰するので外出先でちょっとした時間に勉強するのに非常に便利。
・ピュアタブレットなので軽くて持ち運びしやすい。
■悪かった点
・起動するのに少々時間がかかる。
ただし、上記のように純正カバーと組み合わせてスリープ機能を活用すれば問題ない。
■その他特記事項
・機種バリエーションで色々あるので購入時に注意
→RAMが2GBのものと4GBのものがある。当然4GBがおすすめ。
→2013年型と2015年型があり、2013年型はデジタイザーペン対応タイプと非対応タイプがある。
→2015年型はすべてデジタイザーペン対応型だが、デジタイザーペンが2013年型と2015年型に互換性がない。
→2015年型の方がCPUは高性能だが両方使ってみたが合格物語勉強用としてはどちらでも差がないように思われる。
・純正カバーがないと使い勝手が大幅に落ちるのでぜひ入手してほしい。
日本の通販では入手が難しいので‘ebayで「Quickshot Cover 4X80E76538」で検索すれば出てくると思います。
・腰を落ち着けて勉強するのにキーボードとマウスは必要
私はコチラを使ってました。特にキーボードは過去問の検索するのにテンキー付きの方が便利だと思います。

<< 一覧へ

 このサイトについてプライバシーステートメント特商法に基づく表記免責事項
株式会社田島建築研究所